サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金 
サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金 サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金 
 
はじめに   免責事項   個人情報   リンクに関して   金融用語   サラ金Q&A 
   

キャッシング/ザ・サラ金







目的別キャッシング/ザ・サラ金


 サラ金関連ニュース
消費者金融関連ニュース
ヤミ金問題関連ニュース
詐欺関連ニュース
金融・銀行関連ニュース
消費者保護関連ニュース
 ザ・サラ金リンク
サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金
 

サラ金は儲かるか
サラ金は儲かるか

サラ金に勤めていると「給料いいでしょ?」とか「年収相当いいんじゃない?」なんて聞かれる事が多々あったが、確かに悪くは無い。
しかし会社はどうなのか?
会社運営には色々と経費がかかるが、その辺は抜きにしてシュミレートしてみた。
まず融資残高を1000億円としてみよう。
1000億融資残があるとしてもその融資残に対しての利息(ココでは出資法の上限金利(29.2%)と利息制限法の18%で計算していく)が綺麗に入金になる訳ではない。
まず長期延滞と短期延滞を全体融資残の10%とし、貸倒となる融資残を2%とした時に、既に1000億円の内から12%分を引いた融資残からの利息計算になる。
1000億円-12%=
880億円
880億円の融資残に対して1ヶ月に入る利息収入(29.2%で計算)を計算すると約21億1200万円になる。
21億円の収入はあるが、経費を考えてみよう。
社員の給料を平均35万円として1000人の社員がいた場合。
1000人で3億5000万円
そして支店と無人店の家賃。
家賃平均を15万円で有人店無人店と合わせ300店舗とした時にかかる経費は4500万円になる。
そしてほとんどのサラ金は銀行からの借入で融資を行っている。
その返済に年3%とした時。
これは融資残に対しての金額となるので1000億円×3%÷12=2億5000万円
わかり難いので下記へ表にしてみた。
利率 29.2%計算 18%計算
融資残高 100,000,000,000 100,000,000,000
延滞+貸倒 -12,000,000,000 -12,000,000,000
融資残高-(延滞+貸倒) 88,000,000,000 88,000,000,000
月の利息収入 2,112,000,000 1,300,000,000
給料(1000人分) 350,000,000 350,000,000
家賃 45,000,000 45,000,000
銀行への返済 250,000,000 250,000,000
その他経費
利益 1,467,000,000 655,000,000
出資法にて貸付をしている場合でも、この程度の会社では約15億程度しか儲からない。
勿論税金等もあるので利益は更に落ち込むが、それ以上に今過払い返還請求もある。
29.2%の年率と18%ではこれだけの(約8億円)利益が無くなる事になる。
1000人の社員を面倒見ているとなると社長も頭の痛いところである。
事実、中堅のサラ金で貸付を自粛しているところもあるみたいだが・・・・・
今後サラ金は更に寒い時期を迎えることになりそうだ。
結果サラ金は儲かるようで儲からないようだ。





 
   
 

アクセスランキング