サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金 
サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金 サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金 
 
はじめに   免責事項   個人情報   リンクに関して   金融用語   サラ金Q&A 
   

キャッシング/ザ・サラ金







目的別キャッシング/ザ・サラ金


 サラ金関連ニュース
消費者金融関連ニュース
ヤミ金問題関連ニュース
詐欺関連ニュース
金融・銀行関連ニュース
消費者保護関連ニュース
 ザ・サラ金リンク
サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金
 

サラ金の貸付業務
サラ金の貸付業務

サラ金は貸付に始まり貸付に終わる・・・というほど貸付には拘ります。
貸付を失敗してしまうと後々の数字(回収や貸倒率など)に大きく影響は勿論の事、会社の存続すら危うくなってしまいます。

貸付には様々な種類があると思いますが、このザ・サラ金では主に信用貸付と不動産担保に関することを紹介しています。

<信用貸付>
信用貸付は担保や基本保証人を必要としない貸付の事を言います。
融資額の多くは50万円~100万円までの貸付で審査時間は短く通常即日融資となります。
また信用貸付の場合、借りやすいメリットがある反面、多重債務になりやすく破産者のほとんどがこの信用貸付からになります。
ご利用は計画的には信用貸付が生んだ格言といっても過言ではありません。
審査基準は信用情報がメインですが、勤務先や家族構成、持ち家の有無など審査基準に大きく影響します。

<不動産担保貸付>
信用情報とは逆に個人の信用状況より不動産の価値を調査し貸付金額限度額を決めるので基本的には勤務先や家族構成など後ろ盾となる情報はあまり意味をなしません。
ですが、担保を取ったからといって、サラ金会社も支払が出来ないような月々の支払金額の設定では、過剰貸し付けとみられ監査対象にもなりかねませんので、あくまでも無理のない支払金額を超えない額を逆に計算して融資を実行します。
ただし、これはあくまでも担保価値のある話であって担保価値のない土地建物に関しては融資対象になりません。
大手さら金会社は不動産鑑定士に依頼をして不動産の価値を調査しますが、中堅以下のサラ金会社は独自に調査し担保価値を決定して余力を判断し融資を実行します。

たしかに多重債務で支払いが出来なくなったから土地建物を担保に入れて・・・というおまとめローン的な考えで担保融資を受ける方もいますが、その辺は慎重に考えてみた方が身の為です。




 
   
 

アクセスランキング