サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金 
サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金 サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金 
 
はじめに   免責事項   個人情報   リンクに関して   金融用語   サラ金Q&A 
   

キャッシング/ザ・サラ金







目的別キャッシング/ザ・サラ金


 サラ金関連ニュース
消費者金融関連ニュース
ヤミ金問題関連ニュース
詐欺関連ニュース
金融・銀行関連ニュース
消費者保護関連ニュース
 ザ・サラ金リンク
サラ金勤務歴13年の元支店長が語る、サラ金からの借り方と集金回収の裏話/ザ・サラ金
 


初めての督促
初めての督促

入社して何日も経っておらず、研修も無くぶっつけ本番という状態で初めて電話督促をすることになった。
言うなれば入社してその日から督促をしろとの事だ。
まだコンピューター時代ではないこの時代。
個々の社員のデスクにパソコンがあるわけでもなく、B5サイズの白、緑、赤、黄色の透明ファイルに入出金の記載された「台帳」が挿まれており、手作りのような木箱に順番に並べられていた。

それぞれの色分けは理由があった。

白色の透明ファイルは1日以上14日未満の延滞者。
緑色の透明ファイルは前回までに15日以上の延滞があり今回1日以上14日以下の延滞者。
赤色の透明ファイルは15日以上の延滞者。
黄色の透明ファイルは90日を超えて貸し倒れ予定となっている延滞者の台帳だった。
(何年も後で聞いた話だがその色分けは東大出の社員が考えたらしい。)

初めての督促は赤色の台帳だった。

普通に考えたら初めての電話督促は白い台帳のように思えるが・・・。

素人考えでもそれだけ延滞してたら強者かと・・・思いますが。

取り敢えず言われた通りに恐る恐る赤い台帳を電話しはじめた。

『・・・・お客様の都合により・・・・。』

『・・・・現在使われておりません・・・・。』

『・・・・・・もう辞めましたけど・・・』

初めての仕事で緊張してるし電話に出ないし・・・。

「店長、全然電話がつながらないんですけど・・・どうしたら・・・。」と報告すると周りにいた全員が一斉に笑った。

「延滞してるからつながらないんだよ」

「(借金の)支払いが出来ないからバックレてんだよ」・・・って。

なるほど。

勉強になります(´・ω・`)




 
   
 

アクセスランキング

ep-hajimeteno-houmonsyuukin.htmlへのリンク